読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能伝習所

〜 AI x Big Data x IoTなトピックを、非エンジニアにも分かりやすくお届け 〜

MBAで人工知能やディープラーニングを教えるビジネススクールが増加中

人工知能が人間の職業を奪う」という悲観的な予測が広がっていますね。野村総研とオックスフォード大学の予測によれば、「今後10年~20年間にかけて、現在日本国内で担われている職業の49%が人工知能などのロボットによって代替えできる可能性がある」ということで、大きな反響を呼んでいます。


Harvard Business School


人工知能に職を奪われないためには、
 ・人工知能が得意でないスキルを磨く
 ・人工知能を作る側にまわる
 ・人工知能を使う側にまわる
の3通りのアプローチがあるわけですが、世界の名門ビジネススクールでも「人工知能を使う側にまわる」教育の必要性の認識が広がっているようです。


今日は、下記の記事から抜粋して、各ビジネススクールでの取り組みをご紹介します。

Harvard Business School Is Teaching MBAs About Artificial Intelligence, Deep Learning — Here's Why | BusinessBecause

Top Business Schools Want MBAs to Monetize AI -


ハーバード・ビジネススクール

 MBAコースに、ディープラーニングやロボティクスなど、人工知能関連科目を追加


ニューヨーク大学経営大学院スターン・スクール

 基礎的なデータ分析スキルと、Python等のプログラミング言語のコースを提供


MITスローン経営大学院

 MBAの選択科目として、MITコンピュータ・サイエンス学科・人工知能研究所のAIとロボティクスの授業を受講可能


シンガポール国立大学

 IBMのワトソンを使ってアプリケーションのプロトタイプをつくり、テクノロジを活用したビジネスプランの立案方法を学ぶ


HEC経営大学院(パリ)

 IBMのワトソンを題材に、テクノロジーをいかに販売機会の向上に結びつけられるビジネスアプリケーションを開発するコースを開設


ハルト・インターナショナル・ビジネススクール

IBMのワトソンのコグニティブ・コンピューティングパワーを使ってビジネス機会を生み出しマネタイズする方法を学ぶ。


ESCPヨーロッパ・ビジネススクール

AI主導型の世界で複雑さをマネジメントできるよう、ビッグデータをうまく扱えるアルゴリズムについて学ぶ


スタンフォード大学

 コンピュータサイエンス学科と共同でのMS/MBAプログラムを提供。さらに、AIとデータサイエンスに関する大量の講座を提供。



上記のビジネススクール人工知能やロボティクスの教育に取り組むのは、これらの技術が、経済や雇用のあり方を変えていく可能性が大いにあるため、将来のビジネスリーダーは、その技術の仕組みと可能性を知っておく必要があるからです。


一方、多くのビジネススクールでは、人工知能による職業への侵略に備え、「ソフト・スキル」と呼ばれるemotional intelligence(感情知能)や創造性を伸ばす教育が行われています。これは、冒頭で指摘した生き延びるための3つのアプローチのうち、「人工知能が得意でないスキルを磨く」に該当しそうですね。